ユニフォームやトレーニングキットなどを提供するキットサプライヤー。

チーム側から見れば契約満了(稀に打ち切りもあるが)で数年ごとに変更する場合もあれば、契約を更新して5年・10年と続くこともある。

その関係は10年も続けばかなり長いほうだが、なんと10年どころか90年代以前から20年以上変わらないケースも少なからず存在する。

ここでは、そんな国内外5つのチームをご紹介しよう。

adidas×ドイツ代表

ドイツ代表 2022 adidas ホーム ユニフォーム

ドイツ代表 1994 adidas ホーム ユニフォーム

契約ブランド:adidas

現在の契約:1980年~

ドイツとadidasの関係はサッカー界のサプライヤー長期契約を代表するケースだ。

現在の契約は1980年からスタートし、その間にワールドカップと欧州選手権(EURO)をそれぞれ2度制覇。さらW杯は3度、EUROは2度の準優勝を経験。両大会で合計9度の決勝進出を果たしている。

70年代(50年代説もあり)にも短期でadidasと契約しているが、このあたりの時代となると資料が少ないためか情報がやや錯綜気味だ。