国際サッカー連盟(FIFA)は30日、最新のFIFAランキングを発表した。

日本代表はワールドカップ2次予選となる11月シリーズでミャンマーとシリアに連勝。そのため今回のランキングでは順位を一つ上げ、17位となった。

ランキング上位20チームは以下の通り。

1位 アルゼンチン
2位 フランス
3位 イングランド
4位 ベルギー
5位 ブラジル
6位 オランダ
7位 ポルトガル
8位 スペイン
9位 イタリア
10位 クロアチア
11位 ウルグアイ
12位 アメリカ
13位 モロッコ
14位 メキシコ
15位 コロンビア
16位 ドイツ
17位 日本
18位 スイス
19位 デンマーク
20位 セネガル

【関連記事】8連勝の日本代表、2023年に評価を上げた5名の選手

日本以外のAFC加盟国では、イランが21位で変わらず。韓国が順位を1つ上げて23位、オーストラリアが2つ上げて25位となっている。

【厳選Qoly】2024年Jリーグ、欧州から見た市場価値が最も高い日本人9人

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら