『DAZN』で毎週木曜日に更新されている「内田篤人のFOOTBALL TIME」。

14日に公開された今回は、ロサンゼルス・ギャラクシーでプレーしている元日本代表DF吉田麻也がゲスト出演。Jリーグ選手会の会長も務めている彼が様々なことについてトークした。

そして、吉田麻也のLAギャラクシーが戦っているアメリカ・メジャーリーグサッカー(MLS)のレベルについての話題になると…。

内田「実際にレベルはどうなの?」

吉田「イングランドとかイタリアとか、僕がこれまでいたところから比べれば劣るかもしれないですけど…。日本と似ていると思います。そんなにフィジカルが強くはないです。

そしてシーズンが春秋制と同じなので、暑いんですよね。だから強度が上がらないです。その分テクニックが上がっていくという」

野村「チーム数も29と多いですね」

吉田「リーグが(東西に)分かれているんですけど、たまに交流戦みたいなものがあるんですよ。それもまた面白いところで。

僕のチームとメッシのインテル・マイアミとはリーグが違うんですけど、戦う可能性もある」

内田「お客さんは入る?」

吉田「これもまたアメリカらしいなと思うんですけど、良くも悪くも『エンターテインメントの国』なんですよ。

すごく盛り上がる試合は盛り上がる。ロサンゼルスには2つチームがあって、LAFCとギャラクシー。そのダービーには8万人入ったんですよ。それが過去最高だったらしいんだけど。

そのあとの2回目のダービーも小さなスタジアムに4万人入ったんだけど、プレーオフ進出を逃したあとの試合は1万人ちょいくらいだった」

内田「アメリカは他のスポーツが大きいよね、野球とかアメフトとか」

吉田「イタリアとかドイツだと『あっ、吉田さん』って街で見つけられるじゃん。アメリカでは一回もならない。

声をかけられるのは日本人か、たまにイタリア人くらい。『グラッツェ!』と。それはそれでいいのよ。自由に生活できるし」

内田篤人、クイズで驚愕の奇跡!吉田麻也もビビる「Yahooトップある」

吉田麻也から見たアメリカ・メジャーリーグサッカーは「日本に似ている」とのこと。春秋制であるため暑い気候の試合が多く、強度が低い分テクニック重視になるという。

【厳選Qoly】フランス代表「別の国にルーツを持つ伝説のスーパースター」10名