アメリカ・メジャーリーグサッカー(MLS)のシアトル・サウンダースとキットサプライヤーのadidasは16日、2024シーズンの新ホームユニフォームを発表した。

今年のMLS新作の中でも最高レベルと評価する声も多いこのユニフォームから、昨年発表した新エンブレムの使用を開始する。

Seattle Sounders 2024 adidas Home

シアトル・サウンダース 2024 adidas ホーム ユニフォーム

創設50周年を記念した2024新ホームユニフォームは、エンブレムデザインも含めて大胆にモデルチェンジ。おなじみのグリーンに加えてライトブルーを採用し、その2色でクラシックなストライプのデザインを構成する。

現在のクラブは2007年に創設され、2009年からMLSに参加している。だがシアトルの街には、それ以前に「2つのシアトル・サウンダース」が活動していた。1974年から1983年まで北米リーグに参加していた初代と、1994年から2008年までUSL(ユナイテッド・サッカーリーグ)で活動していた2代目である。

2007年に創設された3代目となる現在のクラブと、2008年まで活動していた2代目は、活動期間が一時期重なることもあって話は少々ややこしい。端的に説明すると、2代目がMLS参加が決まっていた新チームに合流し、チーム名も継承して3代目が誕生した形となっている。

1974年に誕生した初代シアトル・サウンダースの創設50周年を機に、2024シーズンモデルより左側の旧エンブレムから右の新エンブレムへ変更。新デザインは昨年9月に発表されていた。

今回のユニフォームには初代と2代目へのオマージュとして、両者が使用したユニフォームの要素が含まれている。細いストライプ柄やライトブルーは初代が使用していたものだ。

初代と2代目のエンブレム要素もデザインの一部となっている。背面首元のシャチは2代目エンブレムに使われていたもの。そして両者ともにエンブレムデザインのベースは、前面左裾に配した「Seattle Sounders」のロゴマークだった。

シアトルも!2023年「エンブレムのデザインを大胆に変えた」5つのチーム

パンツとソックスも含めたコンプリートは非常にレトロな雰囲気が漂う。そんな新ユニフォームは、現時点ではファンに好評のようだ。

2024新ユニフォームはクラブ公式オンラインストア(MLSストア)で販売中。

間もなく開幕する2024シーズンのMLS。シアトル・サウンダースは2月24日に行われるロサンゼルスFCとのアウェイゲームで今季リーグ初戦を迎える。

現在では世界的にレアで懐かしい新品ユニフォームが揃う「Qoly × LFB Vintage」。懐かしいユニフォームやグッズは見るだけでも楽しいです。

【Qoly × LFB Vintageはこちらです】

【厳選Qoly】イングランド代表の「EURO2024メンバーから漏れた」大物スター5名