NHKは22日、2月24日(土)と28日(水)に開催される女子サッカーのパリ五輪アジア最終予選、日本vs北朝鮮の2試合を生中継すると発表した。

サウジアラビアのジッダで開催されることが決まった第1戦は、日本時間24日21:59からBSで生中継。その日の深夜0:30からNHK総合でも録画中継される。

そして、国立競技場で開催される第2戦は、28日18:25から地上波のNHK総合で全国生中継。なお、NHK総合での放送はいずれもNHKプラスで同時配信され、28日の試合は見逃し配信も行われるという。

また、DAZNも同日、なでしこジャパンのパリ五輪出場をかけた2試合をライブ配信することを発表。

2戦ともに現役WEリーガーで、元日本代表DFの岩清水梓選手を解説に迎え、選手目線も含めたわかりやすい解説で試合を伝えるほか、第2戦にはWEリーグのライブ配信にも出演する元男子日本代表の坪井慶介氏も登場。パリ五輪出場がかかる戦いを国立競技場からたっぷりとお届けするとのことだ。

DAZNの「AFC女子サッカーオリンピック予選 - Road to Paris」配信概要は以下の通り。

■第1戦@サウジアラビア・ジッタ

2月24日(土)22:04キックオフ(配信開始:21:54)
朝鮮民主主義人民共和国 vs 日本
解説:岩清水梓 実況:西達彦

■第2戦@東京・国立競技場

2月28日(水)18:34キックオフ(配信時間:18:14)
日本 vs 朝鮮民主主義人民共和国
解説:岩清水梓、坪井慶介 実況:西達彦

日本代表、アジアカップで評価を上げた5名の選手

いよいよ近づいてきた北朝鮮との決戦。ちなみに28日の試合チケットは絶賛発売中なので、国立競技場へ行ける方はぜひスタジアムへ!

【厳選Qoly】本日韓国戦!小久保玲央ブライアンはなぜベンフィカ「B」でもベンチ外なのか?現地の事情通は「退団の勧め」

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら