ブライトンは25日に行われたプレミアリーグ第25節シェフィールド・ユナイテッド戦に5-0で勝利した。

ただ、三笘薫が左膝へ激しいタックルを受けるシーンが物議を醸した。

当初、スチュアート・アットウェル主審はDFメイソン・ホルゲイトにイエローカードを提示したが、VARが介入した結果、レッドカードに変更している。

日本代表、アジアカップで「ノーインパクト」に終わった5名

そうしたなか、英国のベテランスポーツジャーナリストであるマーティン・サミュエル氏が、アットウェル主審を痛烈に批判した。『The Times』でこう指摘したそう。

「アットウェルがホルゲイトのタックルをイエローカードだけで済むと考えていたことは、最低でも短期的にはエリート審判として失格になるべき。

三笘薫に対するホルゲイトのおそろしいタックルは、無謀かつ(位置が)高く、危険なものであり、それはリアルタイムで完全に認識できた」

現在41歳のアットウェル氏は、25歳だった2008年からプレミアリーグで審判を務めてきた人物。昨夏行われたアーセナル対マンチェスター・シティのFAコミュニティシールドでも笛を吹いた。

ただ、サミュエル氏は、これまでも物議を醸すジャッジがあったとしつつ、「現在でも大きく改善しているようには見えない」と厳しい指摘をしている。

【厳選Qoly】U-23日本代表、U23アジアカップに招集できなかった「海外日本人」の逸材たち12名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら