元日本代表FW岡崎慎司が今季限りでの引退を表明した。シント=トロイデンを通じてこのようなメッセージを出している。

「今シーズン限りで引退する事に決めました。サッカー選手として今まで全力を尽くしてきたけど、気付いたら体がボロボロで、そして自然と自分に限界を感じました。

このクラブに来た事、このクラブで引退を決意した事は運命だと感じています。シーズンが終わったら改めて引退について話が出来たらと思います。シーズン最後まで復帰を目指しながらチームに貢献できるよう頑張ります。

応援してくれる人に正直でいたくて、クラブと話をして早くに発表させてもらいました。最後は自分を応援してくれた人の為にも頑張ります。」

日本代表で一時代を築いた男の引退決断にかつての盟友たちも反応。

同じ1986年生まれであるFC東京の長友佑都は「オカ、現役生活お疲れ様!同い年で2008年の北京五輪から一緒で、お互い気にせず意見ぶつけ合うし、喧嘩もしたけどオカのことは心からリスペクトしてる。同い年のオカの存在があったから今の自分がいるよ。俺のクロスを気合いと魂で飛び込んでくれてありがとう。笑沢山の刺激と思い出をありがとう!次のステージでもオカらしく進んでください」とのメッセージをInstagramに投稿している。

「岡崎慎司がプレーした同僚最強ベストイレブン」がえぐい

また、浦和レッズDF酒井宏樹は「沢山お世話になりました ️素晴らしいキャリア、お疲れ様でした!」とコメント。

ヴィッセル神戸DF酒井高徳は「お兄ちゃんみたいな人、サッカーもそうだし、人としても若い俺にいっぱい教えてくれた。寂しいな。の一言だけど同時にもうそんなに時が経ったのかって思うと自分もそろそろかなと思う。岡崎さんみたいに最後まで成長しようと努力と行動を怠らない人生を送ろう。別のステージでの活躍と目標を応援してますよ。とくかく最後まで頑張ってください」とのメッセージをInstagramのストーリーに投稿。

そして、清水エスパルスの乾貴士も「岡ちゃん大好きやー(泣き顔の絵文字)お疲れさまー!!ラスト頑張れ」と綴っている。

岡崎は長友には「5大会連続でワールドカップいってくれー」、酒井高徳には「やれる限りはやった方がいい」、乾には「俺も(大好き)!俺の分まで走ってくれー」と返信している。

【厳選Qoly】U-23日本代表、U23アジアカップに招集できなかった「海外日本人」の逸材たち12名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら