吉田麻也と山根視来が所属するLAギャラクシーは、26日のMLS開幕戦でインテル・マイアミと1-1で引き分けた。

勝利目前だった後半アディショナルタイムにリオネル・メッシに同点ゴールを奪われるという展開だった。

インテル・マイアミには、メッシだけでなくルイス・スアレス、セルヒオ・ブスケツ、ジョルディ・アルバという元バルセロナのスター選手も所属している。

MLSジャーナリストのファビアン・ランケル氏によれば、吉田は試合後の会見でこう話していたそう。

「スアレスにはこれまでの対戦で多くのゴールを奪われてきた。メッシとスアレスは守備をしない。僕らはもうちょっと配球できたはずだ。今日の自分たちはややシャイだった」

メッシとスアレスは守備をしないので、もっと大胆にボール回しをしてもよかったと感じたようだ。

岡崎慎司と同じくらい守備での貢献度がハンパない世界のFW5人

吉田はリヴァプール時代のスアレスとも対戦しており、2021年には「スアレスはすごかったな。うまいのよ。雑そうに見えてうまいし、本当にいやらしいところを突いてくる」とも話している。

ちなみに、この日の吉田はサウサンプトン時代の同僚でもあるウルグアイ人DFマルティン・カセレスとCBのコンビを組んだ。試合中の言語については「(山根がいる)右側では日本語で話して、中央ではイタリア語、その右にいる彼らはスペイン語で話す。とてもインターナショナルさ」とも話していたそう。

【厳選Qoly】予選メンバー外も…まだ「パリ五輪行き」があり得る国内の5名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら