29日に発売された週刊誌「FRIDAY」で報道されたザスパ群馬の大槻毅監督によるパワハラ疑惑。

記事によれば、現在ザスパ群馬で指揮を執っている大槻監督がチームスタッフに対して「死ね」「ボケ」「お前らは奴隷契約だから」などの高圧的な発言をしていたと伝えられている。

また記事ではザスパ群馬側も取材でそれらの発言を認めていたと報じられていた。

その報道に対し、今回ザスパ群馬はクラブ公式サイトで声明を発表。週刊誌で伝えられた物事に関しては現在内部で調査中だとした上で、以下のように説明した。

  1. クラブにて保管している当日のトレーニングの映像を確認し、当該の発言については確認出来ましたが、こちらのやりとりは当該メディアに情報提供をされたスタッフ(掲載記事内におけるAさん)とは別のスタッフ(Bさん)とのものです。前後のやりとりを見ると決して高圧的な内容ではなく、発言を受けた当該のスタッフ(Bさん)にも確認したところ「ハラスメントとは思っていない」との回答を得ております。
  2. 並行して昨シーズンより在籍している選手複数名およびスタッフ全員にヒアリングをしたところ、「お前らスタッフは奴隷契約だから」といった発言、「トレーニングに遅刻した選手への管理不足という理由でスタッフを全員の前で叱責」という事実は確認出来ませんでした。

ザスパ群馬の内部調査やヒアリングによれば、週刊誌に情報を提供した者とは違うスタッフが撮影した映像で確認したところ、発言は決して高圧的なものではなく、向けられたスタッフ自身もハラスメント行為だと感じていなかったという。

浦和レッズ、「歴代最強の日本人選手」はこの5人!

また「奴隷契約」という発言に関しては選手やスタッフも確認しておらず、遅刻した選手への管理不足という理由での叱責も確認されなかったそう。

この件についてはすでにJリーグやクラブの顧問弁護士との間でも情報を共有しているとのことで、今後然るべき対応を行うと発表されている。

【厳選Qoly】本日韓国戦!小久保玲央ブライアンはなぜベンフィカ「B」でもベンチ外なのか?現地の事情通は「退団の勧め」

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら