セルティックの得点源としてゴールを量産してきた古橋亨梧。ただ、絶対的地位が揺らぎつつある。

冬にレンタル加入した大型FWアダム・イダーが直近4試合で5ゴールと活躍する一方、古橋は控えにまわるケースが増えてきたのだ。

これまで古橋の貢献を讃えてきた元セルティックFWクリス・サットンは、『Daily Record』でこう指摘していた。

「これが亨梧にとって何を意味するのかは誰にもわからない。今季の彼に何が起こったのかはいまだに理解できないが、もし今後数週間ベンチにいるとしたら、来月のレンジャーズ戦は非常に興味深いものになるだろう。

亨梧はビッグゲームに強い選手で、今季も含めてレンジャーズに多大なるダメージを与えてきた。

レンジャーズ戦のメンバーから外すことはほとんど考えられないが、イダーの調子を見れば、ブレンダン・ロジャーズ監督に選択の余地はないかもしれない」

熾烈な優勝争いを展開するセルティックとレンジャーズは来月7日に直接対決が控えている。

日本代表、森保監督がアジアカップに招集するべきだった5人

古橋は宿敵とのオールドファームで11試合7ゴールと得点を量産してきたが、果たして。

【厳選Qoly】U-23日本代表、U23アジアカップに招集できなかった「海外日本人」の逸材たち12名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら