日本人選手たちもプレーする世界最高峰のイングランド・プレミアリーグ。

『BBC』などによれば、イングランドサッカー協会がプレミアリーグなどの国内クラブが2024年2月までの1年間にエージェント・代理人、仲介者へ支払った金額を発表したという。

プレミアリーグの全20チームの支出額と現時点の順位を比べるとこうなる。

支出額1位 チェルシー、7514万ポンド(143.4億円)実際の順位9位
2位 マンチェスター・シティ、6062万ポンド(115.7億円)3位
3位 マンチェスター・ユナイテッド、3405万ポンド(65億円)6位
4位リヴァプール、3150万ポンド(60.1億円)2位
5位 アーセナル、 2476万ポンド(47.2億円)1位
6位 アストン・ヴィラ 、2116万ポンド(40.3億円)5位
7位 トッテナム、1973万ポンド(37.6億円)4位
8位 ニューカッスル、1888万ポンド(36億円)8位
9位 ボーンマス、1599万ポンド(30.5億円)12位
10位 ウェストハム、1388万ポンド(26.5億円)7位
11位 ウォルヴァーハンプトン、1339万ポンド(25.5億円)11位
12位 ノッティンガム・フォレスト、1306万ポンド(24.9億円)17位
13位 フラム、1206万ポンド(23億円)13位
14位 ブライトン、1139万ポンド(21.7億円)10位
15位 クリスタル・パレス、1108万ポンド(21.1億円)14位
16位 エヴァートン、1062万ポンド(20.2億円)16位※勝点8剥奪
17位 ブレントフォード、814万ポンド(15.5億円)15位
18位 バーンリー、694万ポンド(13.2億円)19位
19位 シェフィールド・ユナイテッド、512万ポンド(9.7億円)20位
20位 ルートン、202万ポンド(3.8億円)18位

プレミアリーグ全体では4億950万ポンド(781.9億円)にもなり、そのなかで支出額が最も多いのは断トツでチェルシー。

2022年夏にトッド・ボーリー氏が新オーナーに就任して以降、破格の投資で補強を進めており、それが反映されている。

プレミアリーグで「あまりに給料が低すぎる」驚きの選手たち

昨夏に遠藤航を獲得したリヴァプールは4位となった一方、最少額はこの冬に橋岡大樹を獲得したルートン。昨季プレミアリーグから降格したリーズ(1320万ポンド≒25.2億円)やレスター(810万ポンド≒15億円)、サウサンプトン(750万ポンド≒14億円)よりも少ない額となっている。

【厳選Qoly】クロースだけじゃない「好調期に引退宣言した」7名のスター選手

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら