ルートンは13日に行われたプレミアリーグ第33節マンチェスター・シティ戦に1-5で敗れた。

開始65秒、ルートンDF橋岡大樹の顔にシティFWアーリング・ハーランドのシュートが当たって先制点に…。橋岡の痛恨オウンゴールがこちら。

これは痛い…。

『BBC』では、「かわいそうな橋岡の顔面を直撃し、方向が変わると自陣のゴールネットに突き刺さった。ワースト級オウンゴールだ!」と伝えていた。

ただ、その『BBC』で解説した元エヴァートンMFレオン・オスマンは「橋岡の素晴らしいディフェンス。シティは忍耐強いプレーで、時間をかけてボックス手前で左右に動き回り、フリアン・アルバレスがボックス内にボールを戻すと、これはゴールに違いないと思わせた。しかし、ハーランドはルートンDF(橋岡)に打ち負かされた」とその後にあったプレーを賞賛していた。

プレミアリーグ、いま「最もスピードが速いディフェンダー」10人

ただ、ルートンは降格圏内の18位となっており、今後も残留に向けて厳しい戦いが続きそうだ。

【厳選Qoly】フランス代表、「EURO2024に出場できない6名の招集漏れスターたち」