フェイエノールトは14日に行われたエールディビジ第30節フォルトゥナ・シッタート戦に1-0で勝利した。

ただ、先発したメキシコ代表FWサンティアゴ・ヒメネスにも、後半22分から投入された上田綺世にもゴールはなかった。

『VI』によれば、アルネ・スロット監督は「(バス・ナイハイス主審と)綺世は合うと思った。彼は強くて俊敏だ。それを見せてくれた。彼にとっても我々にとっても残念なことにゴールはできなかった」と試合後に話していたそう。

驚くべき筋肉をつけたサッカー選手10名、その「変化」を見る

現在2位のフェイエノールトは30試合で77得点を記録しているが、この日もゴールを決めたのはDFだった。ヒメネスは最近5試合、上田も4試合得点がない。

【厳選Qoly】2024年、ヨーロッパで「優勝タイトルを獲得した日本人選手」15名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら