オランダ1部のNECナイメーヘンでプレーするFW小川航基。15日に行われたエールディビジ第30節ズウォレ戦で2ゴールの活躍を見せた。

後半2分に低空ヘッドで同点ゴールを決めるとその6分後にはPKで追加点を奪取。

その後、NECは失点し、2-2の引き分けで試合は終了。昨年12月以来続いていた、NECのホーム連勝記録は8でストップした。

185cmの身長で欧州に挑戦した日本人ストライカー6人

ただ、小川の得点は歴史的なものでもあったようだ。小川の2ゴールでNECの今季得点数は59になったが、『ForzaNEC』によれば、リーグ戦でのシーズン得点記録を更新したという。

また、小川はリーグ戦での得点数が10に到達。日本人がオランダ1部でシーズン二桁得点を記録するのは、2015-16シーズンのハーフナー・マイク(当時ADOデン・ハーグに所属)以来のことだそう。

【厳選Qoly】日本人選手vs韓国人選手、いま市場価値が最も高いのはこの8人!1位は99億円

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら