14日に行われたMLSのバンクーバー・ホワイトキャップス対LAギャラクシー戦。

GK高丘陽平、DF吉田麻也、DF山根視来の日本人3選手が揃って先発出場した。試合前にハグをしていた3人は試合後には3ショットに収まっている。

高丘は吉田とユニフォームを交換したようだが、山根とも交換をしており、上記投稿に添えられた映像でそれを確認できる。

高丘と山根は交換した互いのユニフォームの匂いを嗅いでおり、その様子を見たギャラクシーのスタッフらしき人は思わず笑っていた。高丘は「すみません、お待たせしました。使ったやつなんですけど大丈夫ですか?」、山根は「俺も」と話しているように聞こえる。

欧州でもっともカッコいい“adidasユニフォーム”TOP5

山根は「高丘選手、香水の良い匂いがしました。」とInstagramのストーリーにその感想を綴っている。

ちなみに、30歳の山根と28歳の高丘は、同じ横浜市青葉区の出身で、幼少期にはともにあざみ野FCに所属していたこともある。

【厳選Qoly】フランス代表「別の国にルーツを持つ伝説のスーパースター」10名