U-23日本代表は16日、U23アジアカップの初戦で中国と対戦し、退場者を出しながら1-0で勝利。難しい試合を制して白星スタートを飾った。

パリ五輪予選となる“本番”の大事な初戦。大岩剛監督率いる日本代表は、これまで培ってきた4-3-3気味の4-2-3-1でこの試合も臨んできた。

GKは小久保玲央ブライアン。DFは右から関根大輝、西尾隆矢、高井幸大、内野貴史。アンカー気味に藤田譲瑠チマが立ち、右のインサイドハーフ気味に山本理仁。左のトップ下気味に松木玖生。サイドは右に山田楓喜、左に平河悠が入り、1トップは細谷真大が務めた。

試合は序盤から日本が高い集中力を見せ、8分、山田の鋭いクロスを松木が合わせて先制。その後もゴールへの圧力を強めた。

しかし17分、西尾が後ろから体を当ててきた相手選手に対して肘を出してしまい、VARの結果レッドカードで一発退場。10人になった日本は、22分に山本に代えてセンターバックの木村誠二を入れ、4-4-1のシステムを敷いた。

その後は中国は攻勢に出るも、小久保を中心に守備陣が踏ん張り、1点のリードを守ってハーフタイムを迎える。

中国は後半頭から2人を投入。その後もお互いが選手を入れ替えつつ、スコアのほうは動かず。

終盤には中国が身長2メートルの控えGKユー・ジンヨンを前線に投入したものの、日本はこのパワープレーを耐え抜き、大きな勝点3を手にした。

U-23日本代表、U23アジアカップに招集できなかった「海外日本人」の逸材たち11名

日本のグループステージ次戦は、中2日の19日(金)に行われるUAE戦。試合は日本時間20日(土)0:30から行われる。

【厳選Qoly】フランス代表、「EURO2024に出場できない6名の招集漏れスターたち」