フランス代表FWキリアン・エムバペは今季限りでPSGを退団するとSNS上で発表した。25歳のスピードスターは6月末で満了になる契約を延長しないことを公に認めた。

エムバペはこれまでの感謝を口にしつつ、「つらい。母国であるフランスを離れ、リーグアンというずっと知っているリーグを去ると発表することがこんなに難しいことだとは思っていなかった。でも、僕にはこれが必要だったんだ。7年過ごした末の新たな挑戦が」などと述べている。

国外移籍を明言した彼は、レアル・マドリーへフリー移籍する見込み。

大谷翔平は世界1位じゃない!1年あたりの世界最高給アスリート王

『BBC』によれば、エムバペとレアルは5年契約を締結する予定で、年俸は1500万ユーロ(25.1億円)という格安になるとか。その代わりに1.5億ユーロ(251.6億円)の契約金が5年間で支払われるという。また、肖像権の一部もエムバペが保有する模様。

エムバペはPSGで年俸9000万ドル(140億円)を受け取っていたとされているが、リーガには給与制限があり、年俸は低く抑える代わりに契約金でカバーする形になるようだ。

また、背番号はルカ・モドリッチが退団した場合には10番を受け継ぐとされている。

【厳選Qoly】川村拓夢も!サンフレッチェ広島ユースが輩出した「地元出身」の最高傑作6名