デンマークのブレンビーで活躍を続ける鈴木唯人。22歳のアタッカーは多くの列強クラブから熱視線を送られている。

鈴木は15日のノアシェラン戦でもゴールを決めたが、『Bold』によれば、マンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティ、ミラン、アヤックス、エスパニョール、トッテナム、シュトゥットガルトのスカウトがこの試合を視察していたという。

アヤックス、トッテナム、シュトゥットガルトはこの数週間で2度目となる視察に訪れていたそう。

U-23日本代表、パリオリンピックで「背番号10」を背負いうる3人

移籍金は2500万ユーロ(42億円)にもなりえるというが、果たして。

【厳選Qoly】川村拓夢も!サンフレッチェ広島ユースが輩出した「地元出身」の最高傑作6名