19日に行われたセリエA第37節インテル対ラツィオ戦は1-1の引き分けとなった。

先発出場した鎌田大地は、すでに優勝を決めている王者相手に弾丸シュートでゴールを奪っている(動画1分5秒から)。

ゴール正面から左足で強烈なシュートを叩き込む!

イゴール・トゥドール監督は「鎌田はすごいゴールを決めた。最近の試合では多くをもたらしている。(72分で交代したが)疲れが見えたからね」とその活躍を讃えていた。

『Solo la Lazio』では、「復活完了。誰もが惑わされたゴールは、2カ月前のトゥドール監督就任から始まったプロセスの集大成だ。今日は加入以降最高のパフォーマンスを見せた」として鎌田に8点の高評価を与えている。

ウイイレでお世話になった「インテルの最強ベスト11」

ラツィオは26日のサッスオーロ戦で今季の戦いを終える。

【厳選Qoly】フランス代表、「EURO2024に出場できない6名の招集漏れスターたち」