チャビ・エルナンデス監督の今季限りでの退任をあらためて発表したバルセロナ。

26日のセビージャ戦で今季の日程を終えるが、ジョアン・フェリックスにとってもこの試合がバルサでのラストゲームになりえるようだ。

『SPORT』によれば、フェリックスの代理人であるジョルジュ・メンデスは、すでに新たなクラブ探しを始めているという。彼は今季、アトレティコ・マドリーからのローンとしてバルサでプレーした。

フェリックス本人、大物代理人であるメンデス、そして、保有元であるアトレティコの3者は、バルサへのローン期間が延長されないことをはっきりさせたそう。

バルセロナで「1年だけしかプレーしなかったスター」9名

彼とアトレティコとの契約は2029年まであるが、今夏もまた移籍先を探すことになりそうだ。

【厳選Qoly】フランス代表、「EURO2024に出場できない6名の招集漏れスターたち」