すでに2026年ワールドカップ・アジア二次予選の突破を決めている日本代表。6日に敵地で行われたミャンマー戦には5-0で勝利した。

JFAはその試合に向けたチームの裏側を撮影したTeam Camを公開。ついに日本代表にデビューした22歳の鈴木唯人が練習で見事なシュートを叩き込むシーンもあった(動画10分48秒から)。

右足でトラップして左足でコントロールされたシュートを鮮やかに決める!

周りの選手たちも「うまい!」と感嘆していたほか、名波浩コーチも「素晴らしい」と唸っていた。

鈴木の利き足は一応右だが、ブレンビーでは左足で1試合2ゴールを記録したこともある。

本人もフジテレビのインタビューで「左利きになりたいなぁと思って…左利きになりたいはちょっとおかしいですけど(笑)本当に遜色なく両方(の足)で打てるレベルになりたいので、最近は左足をずっと振ってますね」と話しており、両利きレベルになるべく意識的に取り組んでいるようだ。

Transfermarktによれば、鈴木はクラブキャリアでは右足で8ゴール、左足で6ゴールを決めているそう。

鈴木唯人も憧れる!?史上最強の「両利き」達人10名

日本代表は11日にシリアとの二次予選最終戦を戦う。

【厳選Qoly】U-23日本代表、パリ五輪でのメダル獲得を左右する「キープレーヤー」5名