7大会連続でワールドカップに出場する日本代表。

これまでの6大会に出場した左利き選手たちをまとめてみる。両利きといえる選手は除外し、生粋のレフティに絞った。

名波浩(1998年)

MF:名波浩(1998年出場)

記念すべき日本代表の初W杯で10番を託されたマジカルレフティ。

正確無比な左足から繰り出されるパスで決定機を演出するだけではなく、的確なカバーリングや献身的な守備など、攻守両面で貢献する近代的なゲームメイカーとしての地位を確立した。

代表戦では67試合で9ゴールを記録したが、数字以上の印象を残している。特に2000年アジアカップは出色の出来だった。

生い立ちは意外にも武闘派であり、現役時代の華麗なプレーとは裏腹に熱さを持っている人物でもある。日本代表監督に向いていそうだが…。