フランスは9日に行われたスペインとのEURO準決勝に1-2で敗れた。

前半8分に先制するも、16歳ラミン・ヤマルにボックス外から同点ゴールを叩き込まれると、直後にダニ・オルモに追加点を奪われた。

この日まさかのベンチスタートになったフランス代表アントワーヌ・グリーズマンは後半途中から出場。敗戦後にこう述べていた。

「僕らは守備の堅さと脚力が足りなかった。相手のほうが優れていた。

相手が遠目からのシュートが多いことは知っていたし、僕らも遠目からシュートを打った。ヤマルが左利きなのは知っていたし、僕らも左足でシュートを打ったけれどね。

あの同点ゴールに痛めつけられたし、その4分後の2点目でやられた。言い訳はできない。彼らも延長戦を戦っていた。相手のほうが全てにおいて上だった」

これまではディディエ・デシャン監督から絶対的な扱いを受けていたグリーズマンが控えになったのは、指揮官が「スピードとドリブルの選択をした」からと現地では伝えられている。

「EURO優勝経験がない最強ベストイレブン」

一方、デシャン監督は「最後まで闘ったが、様々な理由から限界もあった。全ての攻撃オプションを持っていたわけではなかったし、適応しなければいけなかった」などと試合後に話していた。

【厳選Qoly】パリ五輪直前!すでにプロで“違い”を見せている2028年「ロス五輪世代」の日本人5名