『Liverpool Echo』は「2月28日に行われるキャピタルワンカップ決勝のチケットが高騰している」と報じた。

今季はリヴァプールとマンチェスター・シティという人気クラブ同士の対戦となったキャピタルワンカップ決勝。

会場はもちろんロンドンの聖地ウェンブリーで、そこは9万人もの観客を収容できるキャパシティがあるわけだが、それでも相当なプラチナチケットになっているようだ。

リヴァプール側のチケットの割り当ては9万席のうち3万1735枚。

カテゴリーについては5つに分けられており、2%が100ポンド(およそ1.6万円)、12%が90ポンド(およそ1.5万円)、37%が72ポンド(およそ1.2万円)、33%が56ポンド(およそ9000円)、そして残りの16%が最も安いカテゴリー4で40ポンド(およそ7000円)の定価となっている。

ところが、チケットが入手困難になったためにこの価格は急騰。オンラインのチケット販売サイトでは、カテゴリー4の最安チケットに500ポンド(およそ8.2万円)の値がついている。

カテゴリー1の90ポンドの席については、なんと大台を超えた1035ポンド(およそ17万円)という大きな額で取り引きされているという。

巨大な規模を持つウェンブリーであるが、リヴァプールのサポーターはおそらく数千人が観戦できない状況になると考えられている。