かつてセルティックで中村俊輔ともプレーしたスコットランド人FWケニー・ミラー。

彼は、レンジャーズ→セルティック→レンジャーズという宿敵間の移籍(直接ではないが)をやってのけた、歴史上2人目の命知らずとしても知られる。そして、昨年末で36歳になったミラーは現在、レンジャーズで3度目となる在籍期間を過ごしている。

その彼が2部リーグ第25節クイーン・オブ・ザ・サウス戦で、びっくりなゴールを決めた。

スローインからのボールをダイレクトボレー!跳ねあがってから落ちるシュートに相手GKは反応できず、ゴールイン!

なんとも言えないこの凄いゴールが決勝点となり、レンジャーズは1-0で勝利。ハイバーニアンを抑えて、2部リーグ首位を走っている。

さて、ミラーにとってこれが今季リーグ9得点目。61分に投入され、64分にゴールを叩き込む“必殺仕事人”ぶりを見せたベテランストライカーはこう語っていた。

ケニー・ミラー(レンジャーズFW)

「シュートするつもりだった。枠内に打つつもりだったんだけど、ああいう風に狙ったかって?んなわけない!

見たろう、ゴールに入って最高に嬉しかった。オレたちにとってデカい勝利だよ。

ゴールの角に入ったのを目にして、相当驚いたね。でもシュートを打たなきゃゴールは奪えない。

オレにとって最高のゴールのひとつではないな。本当に狙ったわけじゃないからね。

でもファンタスティックなゴールだったし、素晴らしい結果さ」