サッカー界最強の巨漢選手、アデバヨ・アキンフェンワ。彼は現在、英4部のウィコムでプレーしている。

第5節フォレスト・グリーン戦で彼が味方選手とやったゴールセレブレーションが話題だ。

アキンフェンワが放ったシュートのこぼれを、22歳のMFルーク・オーネンがつめてゴール。

すると、アキンフェンワは彼を担ぎ上げて、スクワットをやってみせたのだ。

オーネンの体重は70~74kgとされているが、こんなセレブレーションができるのはアキンフェンワだけだろう。

オーネンは「僕がアキンフェンワをスクワットすることはできなかったので、その代わりに僕らはこれにやった!」とコメント。試合は3-1でウィコムが勝利している。