19日(木)に行われたUEFAヨーロッパリーグのグループステージ第3節。

グループHのツルヴェナ・ズヴェズダ対アーセナル戦では、驚きのスーパーゴールが生まれた!

Wát een goal van @arsenal! 🙌🏼
FOX Sportsさん(@foxsportsnl)がシェアした投稿 -

0-0で迎えた85分、アーセナルはジャック・ウィルシャーがドリブルで突破すると、ボールをセオ・ウォルコットへ。

するとウォルコットからのパスをウィルシャーがアイディア溢れるパスで折り返し、上がってきたウォルコットが中へとヘディング。

そして最後はオリヴィエ・ジルーが半ば無理やり合わせる形でゴールを決めた。

ウィルシャーの折り返しもスーパーだが、難しい体勢からバイシクルで決めたジルーも流石…。

3選手によるパスワークも、「これぞアーセナル」と言える非常にレベルの高いものだった。

ちなみにジルーと言えば、今年の元日に行われたプレミアリーグで驚愕のスコーピオンシュートを決めており、この得点は今年のプスカシュ賞の最終候補にもなっている。