60年ぶりにワールドカップ出場を逃したイタリア代表。20年間に渡って代表守護神に君臨してきたジャンルイージ・ブッフォンは、39歳にして代表引退を表明した。

そんななか、『Gazzetta dello Sport』などが気になる情報を伝えている。それによれば、FIGC(イタリアサッカー連盟 )は、ブッフォンの代表引退試合を計画しているという。

イタリア代表は来年6月1日にフランスと親善試合を行う。日程としてはその後が予定されているとのこと。

舞台はパルマのエンニオ・タルディーニ、もしくはユーヴェのアリアンツ・スタジアムになる見込み。

そして、対戦相手はスイス、ポーランド、オランダ、アイルランドなどが候補になっているようだ。すでに交渉はスタートしているというが…。