スウェーデンサッカー協会(SvFF)は15日、今月29日に行われるEURO2012予選モルドバ戦に向けた代表選手20人と共に、UMBRO製の新しいアウェイユニフォームを発表した。


◆スウェーデン代表、11-12年新ユニフォーム(アウェーモデル)発表!

サッカー各国代表ユニフォーム



08-09アウェイモデルと同じ紺色をベースに、右肩から左腰にかけて引かれた鮮やかな黄色のライン。ホーム・アウェイを問わず、襷がけのデザインが採用されたのはスウェーデン史上初めてのようだ。今後の日程を考えると、8月10日のウクライナとの親善試合でこのユニフォームが初使用されるのではないかと見られている。

一方、発表されたスウェーデン代表では、出場停止のメルベリ、トイヴォネンに加え、スヴェンソン、マイストロヴィッチ、サファリが怪我と、レギュラークラスの不在が目立つ。特にDFラインの層が薄く、2勝2敗の4位ながら敗れた2試合(ハンガリー戦とオランダ戦)はいずれも1点差という“くせ者”モルドバを相手に、ホームできっちり勝ち点3を奪うことができるか注目が集まる。

(筆:Qoly編集部 O)