12日に行われたアフリカネイションズカップ決勝でPK戦の末に大本命のコートジボワールを下し、見事初優勝を遂げたザンビア。その指揮官であるフランス人のエルヴェ・ルナール監督は一躍時の人となっているが、優勝を決めた直後にこんなシーンが。

前半12分に負傷交代したジョセフ・ムソンダが歓喜の輪に加われないと見るや、彼を“お姫様だっこ”してチームメイトの下へ。「彼こそ真のジェントルマンだ!」と海外のサッカーファンの間で話題になっている。