「ベンフィカ、スポルティング、あるいはイタリア」

今季フランス・リーグアンのオリンピック・リヨンから退団することがほぼ決定しているブラジル人MFエデルソン。代理人を務めているアントニオ・カリエンドは、イルスッシディアリオのインタビューに対してこう答えた。

「エデルソンに興味を示しているクラブはどこかって? まずベンフィカ、スポルティング・リスボン。あとはイタリアのいくつかのクラブだね」

エデルソンは1986年生まれの26歳。2003年のU-17世界選手権でブラジル代表のエースとして活躍し、その後フランスに渡ってニースに加入。しばらくは能力を発揮できなかったものの、06/07シーズンからレギュラークラスに成長した。

08/09シーズンを前にリヨンへ移籍し、初年度こそ中心選手として活躍するも、ピャニッチ、グルキュフなどの加入に加えて大きな怪我を繰り返したことで出番が激減。昨季は8試合、今季は14試合でプレーするに留まり、給与の高さもあって毎年放出が噂されていた。

リヨンがCL出場権を逃した事により、今回こそ退団はまず間違いないと言われており、先日はラツィオとの接触があったと報じられている。

(筆:Qoly編集部 K)

{module [170]}
{module [171]}
{module [186]}

{module [173]}