2月24日、イングランド二部・フットボールチャンピオンシップのワトフォードは「オーストラリア代表DFルーカス・ニールと契約した」と発表した。

ニールは昨日シドニー・オリンピックが獲得するかもしれないとツイートしたものの、それからまもなく別のクラブへの移籍が決定するという珍しい流れとなった。

公式

ルーカス・ニール

「私は、数日間ここで練習に参加していた。最も重要なのは、私が再びチームを見つけられたことだ。

自分のキャリアがどうであったか、何をしてきたかは重要ではない。この数日間は、自分をゼロから証明しなければならないもので、大きな挑戦だった。しかし、これは私に切れ味を与えてくれたよ。

家族はイングランドに住んでいて、これまで私は単身赴任だった。これは私にとっては理想的なシナリオだ。様々な場所のサッカーを経験するのは素晴らしいことだったよ。

私は12月以来ずっとイングランドに滞在して、古巣であるブラックバーンの練習に参加していた。

ワトフォードに経験を伝えたい。自分の持っている自然なリーダーシップが、ワトフォードにとっての利益になることを願っているよ」

【厳選Qoly】EURO2024、スペイン代表から漏れた「驚きのスター5名」