かつてベガルタ仙台でもプレーした経験を持つブラジル人MFチアゴ・ネーヴィス(29歳)は昨年からサウジアラビアのアル・ヒラルでプレーしている。

そのネーヴィスはACL対セパハン(イラン)戦でコーナーキックを直接叩き込むゴラッソを決めた。

 )

このゴールで一時は勝ち越したアル・ヒラルだったが、同点とされた後の終了間際に決勝弾を浴びて敗戦(2-3)。

この両チームはアル・サード(カタール)、アル・アハリ (UAE)とともにグループDを戦っており、2節を終えて1勝1分けのアル・サードが首位となっている。

サウジにもすっかり馴染んでる?