日産自動車は7日、UEFAスーパーカップを含むUEFAチャンピオンズリーグとのグローバルパートナーシップ契約に調印したことを発表した。

契約期間は、2014-15シーズンから2017-18シーズンまでの4年間。日産は契約に伴い、公式パートナーとして、UEFAチャンピオンリーグの試合、試合前の練習、コンテンツ、媒体、ホスピタリティ、イベント、決勝戦など、幅広い分野での権利を持つことになる。

日産のグローバルマーケティング・コミュニケーションを担当する常務執行役員ルー ドゥ・ブリース氏は今回の発表に伴い、「日産は、ワクワクするようなイノベーションを提供しています。私たちは、UEFAのパートナーとして、UEFAチャンピオンズリーグの世界にも豊かなイノベーションを提供していきたいと思っています。欧州で最も権威のあるサッカーの大会は、日産にとって重要なグローバル活動の柱となるでしょう。私たちの目標は、世界中のファンの方に、サッカーと日産車の両方のワクワクをお見せすることです。サッカーもクルマも、情熱を持った素晴らしい人々が作り上げるものです」とコメントしている。

UEFAチャンピオンズリーグのオフィシャルスポンサーは2013-14シーズン現在、ウニクレディト(UniCredit)、マスターカード(MasterCard)、フォード(Ford)、ソニー・コンピュータエンタテインメント・ヨーロッパ(SCEE)、ガスプロム(Gazprom)、ハイネケン(Heineken)の6社で構成されており、日産は2018年までの新たなピリオドへ向けて、契約を更新したハイネケンに続く2社目のスポンサーとなった。(オフィシャルサプライヤーのadidasも2018年まで更新済み)