先月27日のヘラクレス・アルメロ戦で引き分けたことにより、4年連続、通算33回目となるリーグ優勝を決めたアヤックス。アムステルダムをホームとするオランダの名門クラブだが、リーグ4連覇はクラブ史上初の快挙。4回すべての優勝を指揮したフランク・デ・ブール監督はこの夏のトッテナム行きが噂されている。

国内組が多い現在のオランダ代表にはアヤックスからも複数の選手が名を連ねており、その中の一人が24歳のダーリー・ブリント。1994-95シーズンにアヤックスのキャプテンとしてCL制覇を達成したダニー・ブリントを父に持ち、自身は左サイドバックとして代表に定着。今季はデビュー当時よくやっていたボランチとしても多くの試合で起用され、CLバルセロナ戦での勝利にも貢献した。

そんな彼が優勝を決めた3日後、YouTubeで公開した動画が話題になっている。

スタジアムでの歓喜の様子からファンへの優勝報告会まで、自身が撮影した映像を編集し、音楽を付けて公開。アカウントもこの動画のために作成したようだ。

動画の投稿はSNSで既に一般的となっているが、こうした長編ものも今後増えていくのだろうか。