“オール・ホワイツ"ことニュージーランド代表は今ワールドカップのプレーオフでメキシコに屈し、本大会出場はならなかった。

そのニュージーランド代表はこのほど地元ペンローズで南アフリカ代表との親善試合を行い、0-0の引き分けで試合は終了した。

その試合前に選手たちはフットボールファンの記憶に焼き付いているであろう歴史的なプレーの再現に挑んでいた。そのプレーはあの元コロンビア代表GKレネ・イギータが1995年のイングランド戦でみせた「スコーピオンキック」、 あの元ブラジル代表DFロベルト・カルロスが1997年のフランス戦(トゥルノワ・ド・フランス)でみせたFK、そしてスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチが2012年のイングランド戦で決めたオーバーヘッドキック。

果たして結果は…

やっぱりプロでも再現は困難・・・