セリエAで5位に終わったインテルは、ステヴァン・ヨヴェティッチの移籍の可能性について、マンチェスター・シティと話を進めたようだ。

ヨヴェティッチは昨年夏、2200万ポンドの移籍金でフィオレティーナから移籍。しかし、イングランドでは故障が続き、1年目はリーグ戦13試合の出場、3ゴールという成績にとどまった。

インテルのピエロ・アウジリオTDは、同選手の代理人ファーリ・ラマダニと先週末に接触し、彼らの関心をシティ側へ伝達。2013-14シーズンのプレミアリーグ王者は速やかにこれを拒否したが、イタリア紙『Leggo』はインテルが諦めていないようだと報じている。

アウジリオ氏は現在、フィオレンティーナ時代に116試合35ゴールを記録したモンテネグロ代表FWを獲得するため、今年1月にチェルシーへの移籍が間近だったコロンビア代表MFフレディ・グアリンを下取りに出すオファーを申し出ている。この提案はまだ初期段階で、アウジリオ氏はシティが交渉の一部としてグアリンに興味を示すかどうかを探っているようだ。

インテルは今週末までの返答を望んでいるという。