ポルトガル代表のエース、クリスティアーノ・ロナウドはガーナ戦でポルトガルが勝利した事に喜びを示した。

ノックアウトステージへ進むには勝利が絶対条件であり、かつドイツ対アメリカで決着がついた上で得失点差で勝利しなければならなかったポルトガル。「奇跡」は起きず大会を去ることとなったが、エースはチームに誇りを感じているようだ。

「大会を去るとしても最高の形にするため勝利を望んでいた。僕らはガーナから勝利をもぎ取るためにすべてを出し尽くした」

「僕らが期待していたようなワールドカップではなかったのは間違いない。なぜなら、僕らはポルトガルのみんなを喜ばせたかったからだ」

「もっと一生懸命ハードワークする必要があるね。そうすれば代表チームは次の大会でもっと前に進めるよ」