アメリカ代表との試合でロスタイムに劇的な同点ゴールを決め、第三戦に望みをつないだポルトガル代表。この試合のSTATSを見てみると…


FIFA.comより。N・・出場停止、I・・怪我、A・・欠席の略

DFペペは第一戦のレッドカードで出場停止、GKルイ・パトリシオ、FWウーゴ・アウメイダは怪我、DFファビオ・コエントラォンは怪我の治療により母国へ帰還したため欠席扱いになっている。12名のベンチ入りが許されるワールドカップ本大会だが、僅か8人のベンチ入りとなった。

それだけではない。この試合では10分にFWエウデル・ポスティガが負傷交代、先発したGKベト、DFブルーノ・アウヴェスも怪我空けでコンディションは良くなく試合直前まで出場できるかどうかが疑問視された。大会前にはFWクリスティアーノ・ロナウドが怪我の回復から間に合うかが焦点だったが・・・その裏で大量の負傷者がでている状態だ。

ファビオ・コエントラォンは既に治療のため帰国。Facebookでは自宅からポルトガル代表の試合を観戦している様子が伝えられた。

「難しい状況」とパウロ・ベント監督も認める状況だが、果たしてどの様なメンバーで第三戦を望むのだろうか。

第三戦に臨む選手のコンディション状況
怪我:エウデル・ポスティガ(FW)、ルイ・パトリシオ(GK)、ウーゴ・アウメイダ(FW)、ファビオ・コエントラォン(左SB)
怪我あけ:クリスティアーノ・ロナウド(FW)、ベト(GK)、ブルーノ・アウヴェス(CB)