現地時間5日に行われたブラジルW杯準々決勝、アルゼンチン対ベルギーの試合は、8分にゴンサロ・イグアインのゴールで先制したアルゼンチンがそのまま1点を守りきり、イタリア大会以来24年ぶりとなる準決勝進出を果たした。

前の試合で120分間の激闘を繰り広げたこともありやや重さが感じられた両チームだが、その中でも元気なところを見せたのが、今大会初ゴールを決めたイグアイン。好判断での先制点の後、後半にもドリブル突破からこんな見事なシュートもあった。

(権利元の都合により埋め込みコードの掲載を取りやめました)

ベルギー代表のキャプテン、ヴァンサン・コンパニを股抜きで抜き去り放ったシュートはクロスバーに当たり、惜しくもゴールならず。

これにはアルゼンチン代表のアレハンドロ・サベーラ監督も、このリアクション。

ズコッ。追加点が決まっていれば楽になったはずだが、それでも相手に得点を許さず、勝利を手にしたアルゼンチン。現地時間9日の行われる準決勝ではオランダと対戦する。

この試合のゴールハイライトは こちら