24,000人収容というブンデスリーガ1部では小規模なメガ・ソーラー・スタジアムをホームとしながら、健全経営かつ若手を重視したチームで2012-13シーズンには5位の成績を収めたフライブルク。

3年目のクリスティアン・シュトライヒ監督率いるチームは昨季、ヨーロッパリーグに出場したこともあってか残留争いを強いられたものの、最終的には14位で5シーズン連続の1部残留。現在行われているブラジルW杯には、ビッグクラブが注目する20歳のドイツ代表センターバック、マティアス・ギンターなどを送り込んでいる。

Freiburg 2014-15 Nike Home

フライブルクのサプライヤーは2009年から契約しているNike。2014-15モデルも汎用のテンプレートを使用し、赤のホーム、白のアウェイ、黒のサードというラインナップとなった。

Freiburg 2014-15 Nike Away

アウェイはホームの色違い、サードはストライプ柄を採用。胸スポンサーは引き続きドイツの大手乳製品メーカー Ehrmannが務める。

Freiburg 2014-15 Nike Third

なお、この新ユニフォームは練習試合で既に使用されている。

いずれのユニフォームもパンツ、ソックスはシャツと同じカラー(サードは黒)。

フライブルクは8月23日のブンデスリーガ開幕戦、フランクフルトとアウェイで対戦する。

◆欧州サッカークラブ 2014-15シーズンの新ユニフォームまとめ

【厳選Qoly】U-23日本代表、U23アジアカップに招集できなかった「海外日本人」の逸材たち12名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら