7月11日、リーガ・エスパニョーラのバルセロナは「リヴァプールからウルグアイ代表FWルイス・スアレスを獲得した」と発表した。契約期間は5年。会見については来週開かれる予定となっている。

『Mundo Deportivo』によれば移籍金は8100万ユーロ(およそ110億円)とのことで、歴史上ではおそらく昨年のギャレス・ベイルの1億ユーロ、 クリスティアーノ・ロナウドの9350万ユーロに続いて3番目。バルセロナ史上という意味であれば最高額となる。

ルイス・スアレスは1987年生まれの27歳。2006年にナシオナル・モンテビデオからフローニンゲンに移籍し、欧州へ進出。2007年にはアヤックスに移籍し、オランダリーグ屈指のストライカーとして活躍。2011年にリヴァプールに加入してからも高い得点率を示し、昨季はチームの躍進に大きな貢献をしていた。

しかしすでに伝えられているように、彼はW杯のイタリア戦で ジョルジョ・キエッリーニに噛み付き、FIFAから4ヵ月間の選手活動禁止処分を受けている。これにより所属するリヴァプールでは今季開幕から13試合もの試合に出場することができず、首脳陣の頭を悩ませていた。

そんな彼に救いの手を差し伸べたのが、スペインのバルセロナである。処分が発表されて以来スアレスに関心を寄せていることが連日伝えられてきたが、このほど超大型移籍が実現した。

なお、ウルグアイ人がバルセロナでプレーするのは、2008-09シーズンのマルティン・カセレス以来となる。