『Inside』は「リーガ・エスパニョーラのバルセロナは、来週にはウルグアイ代表FW ルイス・スアレスの獲得を発表できる可能性がある」と報じた。

ラジオ局『RAC1』は現在リヴァプールとの間の交渉が合意に近づいており、最終決定は来週にも行われる状況にあるという。移籍金については7000万~8800万ユーロ(およそ98~123億円)の間の額で決着しているのではないかと予想されている。

しかしその取引の一部としてリヴァプールに譲渡されると言われているチリ代表 FW アレクシス・サンチェスがそれを了承していないため、現金だけでの移籍になるかどうかが今後話し合われるという。

アレクシス・サンチェスについては、移籍金の一部を調達するためにアーセナルに売却されるという噂もあり、スアレスの取引の中では比較的不明瞭になっている部分であるようだ。