現地時間26日、イタリア代表のジョルジョ・キエッリーニを噛み付いたとされる件について、 FIFAはルイス・スアレスに対して代表戦における公式戦9試合の出場停止と、4ヶ月間の選手活動禁止処分を言い渡した

スアレスはこれでリヴァプールでも4ヶ月間サッカーに関わる活動ができなくなり、事実上10月末まで試合に出場することができなくなった。

英国『Mail Online』によれば、スアレスがリヴァプールの選手として欠場するのは 13試合。8月16日に予定されているプレミアリーグの開幕戦サウサンプトン戦から第9節のハル戦まで、UCL等を含めシーズンのおよそ1/4程度を棒に振ることになる。

そんなスアレスだが、ご存知の通り噛み付き騒動を起こしたのは今回が初めてではない。アヤックス時代に1度、リヴァプール時代にも1度処分を受けており、今回が3度目の“御用”となった。

が、しかし。その内訳を見てみるとものすごいことが分かった。 なんとスアレスは、噛み付き事件だけで計39試合の出場停止処分を受けていた(受けることになった)というのである!

【アヤックス時代】

・2010/11シーズン対PSV戦(オトマン・バッカルに噛みつく)
⇒7試合の出場停止処分

【リヴァプール時代】

・2012/13シーズン対チェルシー戦(ブラニスラフ・イヴァノヴィッチに噛みつく)
⇒10試合の出場停止処分

・2014年W杯イタリア代表戦(ジョルジョ・キエッリーニに噛みつく)
⇒代表戦における公式戦9試合出場停止処分
⇒4ヵ月間の選手活動禁止処分(リヴァプールの選手として13試合出場停止)

【通算】

39試合出場停止処分

※全ての噛み付きシーンはこちらから

39試合といえば、プレミアリーグの1シーズンに相当する試合の数である。

選手生命が決して長いとは言えないサッカー選手にとって、出場期間を1年間失うというのはあまりにも痛すぎるが・・・過去の過ちから学ばない選手には、これくらいの処分が妥当なのかもしれない。