7月21日、『Daily Mail』は「イタリア代表FWマリオ・バロテッリは、アーセナルに対して500万ポンド(およそ8億5000万円)を要求している」と報じた。

ACミランに所属しているマリオ・バロテッリについては、今夏アーセナルへの移籍が噂されてきた。新たにスポンサーとなったプーマの後押しと資金援助もあると考えられており、一時はかなり加入に近づいていると報道された。

しかしアーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督は以前この話をきっぱり事実無根と否定し、一時報道は減少。ところが最近になって再び加速し始めている。

記事によれば、アーセナルが狙っていたフランス代表FWロイク・レミがリヴァプールの方を選択したことから、バロテッリの話を復活させたのだという。

だが、バロテッリ側はアーセナルへの加入に際して、ミランでの年俸400万ユーロ(およそ5億5000万円)を大幅に超える500万ポンド(およそ8億5000万円)を要求しており、これが加入への大きな障害になっているとのことである。

とはいえ、ヴェンゲル監督がバロテッリに関して何らかの反応を見せたことはなく、この取引に関してはまだ今後の動きを見守る必要があるだろう。