8月3日、『Skysports』は「カーディフ・シティのオレ・グンナー・スールシャール監督は、 チリ代表MFガリー・メデルの移籍が近づいていることを明らかにした」と報じた。

先日まで行われていたワールドカップで好プレーを見せたチリ代表の最終ラインでレギュラーを務め、小柄ながらも空中戦に負けない激しい守備を見せて話題となった ガリー・メデル。彼に対しては当初からインテルが興味を示し、そしてメデル本人も「移籍するならイタリア」と他のオファーをすべて断っていると報じられていた。

ヴォルフスブルクとの親善試合を終えたカーディフのオレ・グンナー・スールシャール監督は、インタビューにおいて ガリー・メデルの移籍が近づいていることを示唆。イタリアでは48時間以内に契約が決まる可能性もと伝えられている。


オレ・グンナー・スールシャール カーディフ・シティ監督

「我々は明らかにしておきたい。我々が求める金額を得るか、あるいは ガリーを得るかどちらかだということだ。とはいえ、すぐに何らかの発表を行えることを期待しているよ」


【U-24日本代表とフル代表の独自映像も!Youtubeのチャンネル登録をお願いします】