『Skysports』は「イタリア・セリエAのインテルでスポーツディレクターを務めているピエロ・アウリジオ氏は、モンテネグロ代表MFステヴァン・ヨヴェティッチの獲得を断念したことを明らかにした」と報じた。

インテルは現在ルビン・カザンに所属しているフランス代表MFヤン・エンヴィラ、カーディフ・シティに所属しているチリ代表DFガリー・メデルの獲得に動いていると言われており、前者については既に公式発表を待つのみとなっている。

インタビューに答えたピエロ・アウリジオ氏は、メデルの獲得を希望していることを明らかにしたうえで、以前噂になっていたヨヴェティッチについてはシティに断られたと話した。


ピエロ・アウリジオ インテル・スポーツディレクター

「我々は積極性と決断力を備えたMFを探している。メデルはこれらの資質を持っているし、我々は彼を気に入っているが、もちろんそれ以外にも他の選手の評価を行っている。

(ヨヴェティッチについては?)

数週間前にマンチェスター・シティとの接触があったが、彼らは選手が市場に出ていないと我々に話した。なので、マーケットは9月2日に閉じるとしても、そこにチャンスはないと考えている」