7月8日、イタリア・セリエAのインテルは「ローマからブラジル人DFドドを獲得した」と公式発表した。

条件については2016年6月末までの長期レンタルであり、その費用は2年で120万ユーロ(およそ1億6000万円)。そして、公式戦に一試合でも出場した場合、780万ユーロを追加で支払うことで2019年6月までの保有権を購入できるという条件が追加されることになる。実質的には支払いを先延ばしにした完全移籍に近い。

ジョゼ・ホドウフォ・ピレス・ヒベイロ、通称”ドド”は1992年生まれの22歳。コリンチャンスの下部組織出身で、2012年にローマへ移籍。2012-13シーズンに11試合、昨季は19試合に出場。攻撃的なプレーを得意としている左サイドバックである。ポジションを考えれば、日本代表の長友佑都選手が直接のライバルとなるだろう。