アメリカ代表の一員として今年のブラジル・ワールドカップでプレーしたあと、トッテナムへの移籍が決まったデアンドレ・イェドリン(21歳)。

スパーズとは4年契約を結んだが、今季はシアトル・サウンダースに残り、2015-16からイングランドでプレーする予定になっている。

右サイドバックとしてプレーするイェドリンの武器は運動力とスピード。 スピードについては指導経験のあるケイレブ・ポーター(現ポートランド・ティンバース監督)も「ワールドクラス」と讃えているほか、サッカーゲーム『FIFA15』でも最速選手トップ20入りするほど評価されている。

そんなイェドリンのスピードがどれほどのものなのかがよく分かるGIFを紹介。

イェドリンは自身のキックミスから始まった相手のカウンターを猛追。懸命に追いすがると何とか追いついてシュートを打たせることなくボールを回収してみせた。 (競争相手はおそらくフィラデルフィア・ユニオンの10番クリスティアン・マイダナ。彼はあまり足が速くない選手ではある)

ちなみに、ラトビア、ネイティブアメリカン、アフリカ系アメリカンの血を引くイェドリンは3歳からサッカーを始めたそう。 また、祖父母によって育てられたそうで、2人にはとても感謝していると語っている。なんでも父親とは会ったことがないとか。