今夏ジュビロ磐田からドイツ2部・カールスルーエSCに移籍した元日本代表MF山田大記が加入後初ゴールを記録した。

21日に行われた第6節ニュルンベルク戦に左サイドのMFとして先発出場した山田は前半9分、右サイドからの折り返しをコントロール後、右足で押し込む。

山田は6試合目にして記念すべき初ゴール。チームはその後も追加点を重ね3-0で快勝、山田はフル出場を果たした。

カールスルーエは3試合ぶりの白星で勝ち点を首位ボーフムと並ぶ12に伸ばし、3位に浮上している。

【厳選Qoly】アジアカップ後の2024年Jリーグ「要チェック」の5人

★ 久保建英が決めた!海外日本人選手の最新ゴールはこちら ★